稲毛のブックオフ

京成線途中下車。前から気になっていた
八千代台で降りてみた。高台の住宅地が何故か
気になる。昔から、何故だが高低差のある住宅地に
惹かれる。そこの人達しか使わない階段や、小さな
公園にもゾクっとする。何だろうね。
しかし辿り着けなかった。寂しさを物で埋める
べく、稲毛のブックオフに行った。捨て祭りで
だいぶスッキリした衣類置き場が、再びもさっと
してしまった。