夏休み

昨日はアルバイトをしたので、実質今日から夏休みである。

昨日夕方の、これから休みだ~っていう解放感はたまらなかった。

JINYAの近くにいたから、いつもなら絶対に駆け込んでいるだろう。

でももうそれは出来ない。せめて近くの空気を吸いたい。

JINYAのそばにあるブックオフ行ったり、周りの住宅街を

ブラブラ歩いてみた。こういうのホント好き。生活感溢れる

古いアパートとか見ると、一つ一つに人生が、なんて思えてきて

泣きそうになる。明らかに暗渠だなと分かる遊歩道を見つけた。

ポコチンクエストにログインしていたら見られなかった、

素敵な景色。

f:id:kenshounin:20180814055703j:plain

帰り道

千代田線に揺られながら、さっきの舞台の素晴らしさとか自分のいたたまれなさとか色々考える。ネガティブな方向だけど、大きく心を揺さぶれた。自分は何がしたいんだろう?あの一員だったらなってこと?以前都内の公民館に行ったらフライングステージと予約のところにあって、憧れたものだが。居場所が欲しいとか認めて欲しいっていうのもある。アルバイトの掛け持ちで何とか生きているけど、何の希望もないし。以前ならここで暗闇に逃げ込むところだが、もうそれも出来ない。生きていて良かったと思える日は来るのか。

フライングステージ

の公演観てきた。長いこと観続けているが、作品はどんどん進化しているのに自分は何もしていない。努力を怠り、義務からは逃げ続け、好きな事を見つけたり追求することもしなくなり、ただ欲望のままに生きてきた自分。客演の未来ある美しい若者ぶりや、円熟味を増したベテランの存在感。それが眩しくて辛い。

後悔

DMMのポイントがたまっていたので漫画で消費。ゴミ屋敷とトイプードル〜っていう広告で見かけるやつを読んでみたが後悔だけが残りました。こういうの誰が進んで読むのだろう。自分みたいな、人生が行き詰まっている人達が、一時の気晴らしに手を伸ばすのだろうか。

久々の読書

衝動買いした椅子はなかなか素敵だった。買って良かった。銚子のかっこいい人はどうしてるだろう・・・。また日曜に犬吠埼へ行けばいるのだろうか。普段は何してるんだろう。

方位取り旅行のお供にと買っておいたミステリー小説を、面接の合間に読んでしまった。樋口有介の「ピース」。回収されないところもありモヤッとしたが、面白かった。

サンシャイン1階のシアトルズベストコーヒーは、何故か凄く居心地が良い。3時間近く居座ってしまった。